2009年12月04日

キャンディのその後

ポインセチアの中毒で病院へ駆け込んだキャンディでしたが
あの日、点滴や抗生物質注射のおかげで
翌日には回復しました・・・。

心配してくださった皆さん、御心配していただきありがとうございました。

また、報告が遅くなってすみませんでした。



IMG_9727.jpg
『もう すっかり治りましたるんるん いつもの食いしん坊な私ですあせあせ(飛び散る汗)



あれだけ、うなだれてソファーの上でぐったりと眠っていたキャンディはたったの一日!

大人しすぎて凄く心配もしましたが
あの姿がウソのように、翌日からご飯も盛り盛り・・・。



キャンディがうなだれたいた間、
いつもは大人しく思えるチョコが、とても御天馬のようにさえ感じたくらいです。


IMG_9538.jpg
『だって〜!誰かが明るくしなきゃ… 家の中が暗くなっちゃうでしょかわいい




まぁ、ほんとうにそんな感じですね。

いつも元気なキャンディがあんなだと、やはり心配の始動しでしたものね。




IMG_9556.jpg今日は朝から天気も良く
部屋の中に
降り注ぐ太陽の光を浴びながら、
コタツの上でぬくぬくと眠っています。









そうそう、病院で分かっているのですが一応先生に聞いてみました・・・。


『キャンディはテーブルに乗って、ポインセチアを食べたせいで
  こんな酷い目にあったのだたら、もう凝りて悪さはしないようになりませんかね?』


『・・・・・・・・・無理ですねわーい(嬉しい顔)
 キャンディちゃんは、どうして点滴を打たれているか気づいてませんからね〜るんるん


やっぱりねぇ・・・・・・・たらーっ(汗)



念のためにキャンディがどれだけポインセチアを食べたか載せておきます。


IMG_9572.jpg


どうでしょう・・・。

見事に赤い部分がなくなっているでしょう〜たらーっ(汗)

これだけ食べれば、毒素も結構な量、体内に入ったのでしょうね。

ちなみに、チョコはこの写真に映っている小さな赤い葉っぱ位な大きさを
多分、一枚だけ口にしたようなので、
キャンディのように大事にならなかったのだと思います。





IMG_9568.jpg



さてさて、ぐっすりと眠っている2ワンには申し訳ないけど、
今から掃除とクリスマスツリーでも出して、飾ろうかなクリスマス
ニックネーム チョコ飴 at 12:09| Comment(6) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ポインセチアの中毒

091128_094837.jpg


今日は朝一番でキャンディを動物病院へ…〓


原因は
昨日 キャンディがポインセチアを食べてしまい
急性胃腸炎になってしまいました。

要はポインセチアの持つ食中毒!

症状は夜から明け方までの何度も繰り返す嘔吐でした。

酷い時には水を飲んで数分後に戻すのを
10分おきくらいに繰り返し。


どうにか戻さなくなったのが4時くらい…。


それ以降は水を飲んでも嘔吐はなくなったのですが
脱水症状が心配だったので
朝、診てもらったと言う具合です。


処置は皮下点滴と抗生物質の注射!

あとは明日からの飲み薬です。


皮下点滴は背中の皮を摘んで
そこに200CC打つのですが、
痛みはほとんどないはずなのに
キャンディがキャン!って言いながら大袈裟に動くものだから
針が外れて液がピューって流れ
また 刺し直す始末!


それを見ていたチョコは
もしや次は自分?
と思ったのか、キャンディの変な声に驚いたのか
ずっとドキドキしっぱなしで
奮えが止まりませんでした♪

まっ、奮えついでに
爪切りもしてもらいましたけどね!


一方 キャンディの点滴跡は
200CC分、背中がぷっくり盛り上がってました。

でも徐々に体内に吸収されていくので
暫くすれば元に戻るらしいです。


キャンディもこれに懲りて
悪さから卒業してくれればいいんだけどなぁ…



実は チョコも1〜2枚は赤い部分を食べていたみたいだけど、
毒は茎から出る白い液に多く含まれているので
大事に至らなかったようです♪
ニックネーム チョコ飴 at 10:23| Comment(6) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

アレルギー?

今月に入った頃からキャンディが異常に体中を痒がっていました。


シャンプーはその1週間前にしたばかり・・・
週末は長男が帰ってきたので、バタバタと忙しくしていたり出かけたりで
キャンディの様子を一日中監視できなかったのですが、その日曜の夜のこと!



余りにも痒がり眠っていても起き上がってカイカイカイ・・・



お散歩で草むらなどに行った記憶もないのですが、ノミやダニが居るのか?と
毛を掻き分け見るのですが何も見当たりません。




そこでお腹の方を見ると・・・・・・柔らかい皮膚の部分が真っ赤になっているのです。



s-c1283716 204.jpg


s-c1283716 210.jpg
その夜はあまりにも掻き過ぎて、
赤い部分がどんどん酷くなるのです。
それも、耳の中から口の周りまで!
よ〜く見ると足の指の間まで・・・


そこで掻けないように服を着せてみました。






s-c1283716 327.jpg

これはチョコが避妊手術をした時に、
傷口を掻いたり舐めたりしないように・・・と、お腹がすっぽり包まれるように作ったものです。


普段、洋服を着ても嫌がらないのに、
この時ばかりは固まってしまったり私の膝に乗ってきたり・・・

その後はじっとすることも出来ず、ウロウロしたり急に動いてみたり・・・
s-c1283716 329.jpg  s-c1283716 336.jpg
【この写真も、上の大きな写真も目に力が入り過ぎていて、心ここに有らずって感じです】





きっと洋服を着せた事で、掻きたいけど掻けない!
でも体がチクチクして痒さを増していたのじゃないかな?って思い
今度は脱がしてみたり・・・


夜中じゅう こんな調子で朝まで経ってしました。


朝になったからと言ってキャンディの痒みが収まるわけでもなく・・・

詳しい検査をしたことは有りませんが、元々アレルギー体質があるキャンディです。
ご飯も病院でしか売っていないものを食べさせ、シャンプーも薬用を使っています。
しかし、今までにこんなに酷くなったのは初めて!



病院に連れて行ってみましたが、最近変わったことなど聞かれました。




最近はいつものコースのお散歩・・・。
そしていつもと同じ食事・・・。
1週間前にシャンプーをしたけど、それもいつもの薬用シャンプー・・。


もしかしたら、見ていないときに何か誤飲しちゃった?

s-c1283716 346.jpgしかし、普段と違った事と言えば、
2階は和室以外は全部絨毯張りになっていますが、
次女の部屋だけウッドカーペットを敷きました。

s-c1283716 347.jpgもしくは、ダイニングテーブルの
椅子にはキャスターが
付いているのですが
それで床に
傷が付かない様に
クッションフロアーの上敷きを
敷いています。
(借家なもので…たらーっ(汗)

それを交換したこと・・・?


そんな事位しか思いつきません。




先生のお話によると、何か食べた時は下痢になったり嘔吐もあるようですが
そんな症状は一切なし! 至って食欲もモリモリ!



娘の部屋のウッドカーペットでは無さそうだし、
一番可能性の高いものは『クッションフロアーかも・・・・』との事でした。



ダックスは陶器やビニール系でアレルギーが出る子も居るようです。



それか、もしかしたら今までのクッションフロアーを剥がした時に大掃除をしましたが
隅々やフロアーの下ににホコリなどもあり、そのハウスダストかしら?
又は新しいフロアーには巻いている時にくっ付かないように何か
粉状のものが付いていたので、それが原因?

s-c1283716 342.jpg
【表面に白い粉のようなホコリっぽい物が付いているのが見えますか?】



とにかく原因と見られるものを一つずつ排除しながら、薬も服用する事にしました。


s-c1283716 231.jpg


爪も伸びていたので、その状態で掻き続けるのも心配なので爪切りもお願いしました。




s-c1283716 290.jpg



お薬は錠剤と粉を選べますが、
ご飯にかけて誤魔化しもきくかな?と言う訳で粉を出して貰いました。


【何の躊躇いもなく、相変わらずがっついて食べるキャンディで助かります顔(笑)
s-c1283716 293のコピー.jpg
『オネエたんのだけ甘い匂いがするんだけどなぁ・・・気のせいかな〜?』



痒みは薬を飲ませるようになると、直ぐに掻く行為は随分と減りました。


4〜5日経った頃から全体の赤みは引いてきて、局部的な赤みだけ残るようになり


s-c1283716 276.jpg
上 この赤みの後は、嘘のように消えて行きました。






お薬が無くなる1週間後に又様子を見せに病院へ


s-c1283716 245.jpg  s-c1283716 257.jpg



この1週間で、やれることはやりました。

部屋の隅々まで普段以上に掃除機を念入りにかけ、新しいフロアーの上を
環境に優しい洗剤で何度も拭き掃除をしたり・・・
フロアーの表面に付いた素材を取り除くかのように、毎回拭き掃除をしてみたり。
薬用シャンプーで丁寧に洗ってあげたり・・・。




赤みも痒みも引けましたが、念の為にお薬はもう1週間分出して頂きました。

もし、ハウスダストやフロアーの粉であれば、薬を飲み終わって痒みは出て来ないはずです。




しかし、暫くして又同様の症状が出た時は、
きっとそのビニールタイプのクッションフロアーが原因かもしれません。


その時は・・・・・
そのフロアーを全部剥がしてしまうしか無いようです・・・あせあせ(飛び散る汗)



今まで敷いていたのは平気だったのになぁ〜。
増してや今回の方がキッチン全面に敷いちゃったので結構なお値段になってしまい
まだ、真新しいのに悔やんでも悔やみきれないや〜〜〜!


そうは言ってもキャンディのためだもんね揺れるハート




とにかく、今は更に一週間後。
薬が無くなった後からの、数日後の様子を見るしかないようです。





s-c1283716 319.jpg
【今では、こ〜んなに綺麗になったのになぁ・・・このまま治まってくれないかしらたらーっ(汗)






s-c1283716 316.jpg
『私も痒がる体質だけど、今度のオネエたんのは凄かったですねぇ・・・』




s-c1283716 304.jpg
『この痒みの辛さは私にしか分からないよ! でも、今は平気るんるん もう寝てもいいですか眠い(睡眠)


本当に一週間前は夜中も寝れないほど掻いていたもんね・・・。



ニックネーム チョコ飴 at 06:57| Comment(16) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

なんだろう?

あれだけ綺麗に咲いてくれていた紫陽花    bd_aji21.gif

私の管理が悪いのか?
あっという間に枯れてしまい、来年の為に早々に刈り込んでみました。

c1283711 325.jpg右c1283711.jpg
【枯れかけた頃の紫陽花】                【昨日、剪定した紫陽花】


剪定は7月を過ぎて行うと花芽ができ難くなるので、
花が終わった直後に行うようです。
花が咲いた枝は全体の3分の1ぐらいの所で剪定しますが
昨年どんな風に切ったか?なんて覚えてないので
又、適当に刈り込んでしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)

来年、また今年のように咲いてくれるかな〜??


s-img_1490014_33450239_1.jpg




ところで、キャンディのことです。


先日、お腹をナデナデしていたら、何か変なしこりのようなものを発見!



c1283711 330のコピー.jpg


大きさは小さめのサクランボ、又はパチンコ玉を一回り大きくしたような大きさです。




c1283711 331.jpg『オネエたん、なんでいつまでも
         そんな格好してるの?
           と〜っても変ですよ』

『うるさい!ママさんが写真を撮ってるから
              動けないの!』


そうなんです。『マテ!』と号令をかけたら
写し終わった後でも
いつまでもこのままの状態でした・・・たらーっ(汗)
眠かったのかな・・・?




素人考えとして一番先に脳裏に浮ぶのは腫瘍ですよね。



c1283711 227.jpg
『キャンディ・・・病気だったら悪いので病院に行こうよ!』 『え?病気なんですか?』





今までは気にも留めなかったことですが、もしかしたら?
なんて考え始めてしまします。





c1283711 228.jpg
『オネエたん、病気ですか?』 『違うと思うけど念の為にね!チョコも一緒に行こうね』




そこで、考えるより先に・・・と思い
爪きりや校門絞りを兼ねて病院に連れて行きました。



先生と問診を重ね、直診もしてもらいました。

・食欲もある
・便も正常
・元気もある
・患部を触っても痛がらない

など生活の上では全く変わりも無いし、
多分悪い物ではないらしいので様子を見ることになりました。



只、しょっちゅう触っていると大きくなっていくので
余り触らないようにし、時々様子を見てください!との事でした。


何か異常な点があれば細胞を取って検査もしますが、今回はそれもしなくて良いみたいです。



結局、この日の病院代は爪きり&校門絞りの料金だけでした。




病院によっては、何でもかんでも直ぐに検査をするところもありますよね。
それによって莫大な料金を払う事になり兼ねない。
でも、検査をすることによって飼い主は安心できるし・・・
どちらが良いのでしょうね〜。



とにかく、今は先生の言葉を信じるしかないので
又1ヶ月後のキャンディのワクチン接種の時まで様子を見ることにします。



c1283711 284.jpg

それまでに
何も起こらなければ良いんだけどなぁ・・・

キャンディ、気を使って疲れたね!

ゆっくりおやすみ眠い(睡眠)




ajisailine1-7.gif








ニックネーム チョコ飴 at 09:14| Comment(12) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

チョコ術前準備注射

いよいよ、チョコの避妊手術が明日に成りました。

今日も朝からお天気も良いし、
当分チョコを洗う事も出来なくなるので、シャンプーをする事にしました。いい気分(温泉)

午前中は片付ける為の毛布などの大物洗いをしたり、お布団を干したりと
梅雨前の用事を済ませていました。

キャンディとチョコは、いつものように取っ組み合いをしたり
気持ち良さそうに眠ったり。

すると、前回のシャンプーから日にちが経っている為か
カイカイと掻く仕草も見えます。
そんな時、チョコの口がモグモグしているので
又、何か食べたな〜?と口の中を見てビックリexclamation

s-c125 10115.jpg
何だと思います?

いやに尻尾をカミカミしていると
思っていましたが・・・

そうです。尻尾の毛なんですたらーっ(汗)



s-c125 10108.jpg

よ〜く見れば分かると思いますが、
唯一、フサフサに成りかけていた尻尾の毛が無いではありませんか???

これを見たときは全身血の気が引いてしまって・・・がく〜(落胆した顔)

よくストレスで尻尾を噛む仕草があるのは知っていましたが
尻尾の毛を噛み切るなんて・・・あせあせ(飛び散る汗)

チョコには乳歯の犬歯が残っているので、歯も鋭いことは分かっていますが
毛まで噛み切れるなんて〜。はさみ
暫し呆然とチョコを見てしまいました。


原因は何か分かりませんが、とり合えず痒いのもあるのかと思い
他の用事を後回しにして、即シャンプータイム。時計

キャンディはチョコが手術で居ない日にしてあげるからね!
その間、キャンディボールで遊んでいてねるんるん


s-c125 10092.jpg
ボール系なら何でも
大好きなキャンディは大喜び・・・。

『オネエたん、シャンプーが
  終わったら一緒に
   このボールで遊ぼうね揺れるハート


『だ、誰があんたなんかと・・・あせあせ(飛び散る汗)



『ほぅら、気持ちいいでしょ〜?』
s-IMG_0494.jpg

『手術してからは当分はシャンプーできないから、念入りに洗っておくね』


『え?手術って何のこと・・・?
IMG_0501.JPG


『大きくなっても、病気にならない為に手術するのよあせあせ(飛び散る汗)


『手術は・・・小さいときにしたから、もういいよたらーっ(汗)
s-IMG_0506.jpg


『そうだよね〜、 あの時は足の付け根を2箇所も切ったし・・・
                 でも、今度は1箇所だから、きっと平気だよ!   』



『本当ですねぇ・・・じゃ、痛みも少しかなぁ?』  『・・・う・うんふらふら
s-IMG_0492.jpg


でも・・・・・
乳歯が残ってるので、それも一緒に抜いて貰うんだよねぇ・・・注射


s-c125 10089.jpg

キャンディ、お待たせ〜。

その顔じゃ楽しかったようだね。
じゃ、今度はドライヤーかけてくるね。





その前に、チョットだけ意地悪をしてみました。わーい(嬉しい顔)

s-c125 10104.jpg s-c125 10101.jpg
『・・・・・・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)取れないじゃんあせあせ(飛び散る汗)』    『取れなきゃ、遊べないじゃないのよぉ犬(泣)


s-c125 10100.jpg
『絶対、取ってやる〜犬(怒) 犬(怒)ダッシュ(走り出すさま)

s-c125 10117.jpg

チョコのシャンプー&
ドライヤーが終わり、
キャンディのところに来て見ると・・・

ありゃ〜、やっちゃったねぇがく〜(落胆した顔)
まだ、買ったばかりなのにぃふらふら



s-c124 007.jpg
              『あ〜ぁ、オネエたん!一緒にボールで遊ぼうって言ったのにぃ犬(怒)
『私のせいじゃない・・・たらーっ(汗)ママさんがイジワルするからですよ!』

s-IMG_0206.jpg


IMG_0161.JPG

こんな事もありましたが、
日頃と変わらぬ一日を済ませ
今夜10時以降は
飲み食い禁止に突入のチョコです。

いよいよ明日だねexclamation 
明日は朝食も抜きだよ。΄


明日の手術頑張ろうねるんるん



l-cm.gif
ニックネーム チョコ飴 at 23:52| Comment(8) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

キャンディの鼻・ハゲちょびん

以前の記事で【車でお留守番】のお話を書きましたが
その時にキャンディ用に使ってるペットセーフティーシートで起きたことです。

img10484872160.jpg

それはさかのぼる事昨年の年末
キャンディもチョコも一緒に出かけ、
用事があるので
ちょっと車で待って貰うことがありました。




チョコはいつものように眠りにつき眠い(睡眠)
キャンディは大好きな音の鳴るボールを入れてあげサッカー
興奮状態で遊んでいました。ダッシュ(走り出すさま)
用事を済ませ車に戻って、出してあげて気づいたのですが
キャンディの鼻の先から血が・・・

よ〜く見てみると皮が削れてる感じ。
きっと興奮状態になったキャンディは、そのボールと葛藤していて
網の部分で擦ったのでしょう。たらーっ(汗)

血は直ぐに止まりましたが、餌を買うのと検診もあったので
病院でついでに見てもらいました。病院

でもこのまま腫れたりすることがなければ、様子を見て大丈夫との事でした。
それから別に腫れることもなく、かさぶたもできて一安心。

しかし・・・
折角出来たかさぶたを年末帰省でフェリーに乗るためにキャリーバックに入れた時に、
どうもその鼻先!顔を無理やり出そうとして擦ってしまったようで又血が・・・

帰省日記を見てくれた方は、気づかれたかな?と思いましたが
キャンディの写真にはやっぱりその傷がず〜と写っていたのです。

11 072.jpg
【血は直ぐに止まりましたが、まだ赤みが差しています】

その後はかさぶたを無理やり取ることもなく順調に回復。犬(笑)

s--3 018108.jpg  s--...1 0201013.jpg  s--...2 0021018.jpg
【1月8日】           【その5日後】            【そのまた5日後】

こうやって見比べてると中々毛も生えてこなくて・・・
きっとハゲのままなんだろうなぁ〜って正直思ってました。ちっ(怒った顔)

しかし、これが今朝・・・
s--...22.-.... 005.jpg
『もうすっかり良くなりました。これからは気をつけます。』

やっとハゲの部分も黒くなってきて、微かに毛も生えてるようです。
これを完治とみなすと約1ヶ月掛かってしまいました。

-...21-.. 035.jpg
                              『お姉ちゃんはドジですね犬(笑)
  『チョコ!あんたに言われたくないんですけど・・・たらーっ(汗)


四葉キャンディ、もう痛い思いはしたくないでしょ?
           今度からはちょっと落ち着いて遊ぼうねるんるん


ニックネーム チョコ飴 at 13:35| Comment(17) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

キャンディの避妊手術(三話)

ひらめき今回はまだ避妊手術をされていない方や
    今からするという方に参考になれば…と載せた記事です。
    以前記録に残した物を参考にしています。

かわいいではキャンディが家に戻ってからの話です。

良かったね!やっと家に戻れたね♪
たった一泊だったが、何日にも感じられた。

帰るとカラーが気になって動きずらそうだった。
そのカラーをした顔でお腹の方が気になり、ぺろぺろと舐めようとしている。
傷口が痛いのか余り動くことも出来ないようだった。

午後は日向ぼっこでもするようにお日様に当たりながら
我が家に帰って来たことに安心しきったのかずっと寝ていた。
でも余りにもカラーを気にし矧ぎ取ろうとするので、
子供の長袖Tシャツの袖の部分を切り取り
包帯代わりに簡易的な服を2枚作って着せてみた。
s-IMG_0034.jpg

すると傷の方は先程のように気にしないようになり動きやすくなったようだ。
痛みもおさまってきたのか、あちこち動こうとするので
その日は抱っこ等をし、あまり動かさないように勤めさせた。

夜、夕飯前に薬を小量の水で溶かし、スポイドで飲ませるが嫌がる素振りもない。
その後ご飯をあげたが、あっという間に平らげ食欲もあるみたい。
しばらくするとウンチもした。
ご飯を昨日まる一日食べなくてもウンチは出るもんなんだ〜と思ってしまった。

いつもだと夜はケージに入れて一人で寝せるのだが
この日だけは傷口を舐めたりしないか心配で、一緒のお布団で寝てあげた。


術後から日が経つにつれ、元気一杯になっていくキャンディ。

椅子に飛び乗ったりソファーに乗ったり
おまけにストレスも溜まったのか、1人で走り回る始末。

先生からは手術をした事を忘れず、過度な動きをさせないように!
との言葉を守らせる方が必死なくらい動き回る。

誰も見ていないすきに、テーブルにあったお菓子も物色・・・。
日に日にいつもと変わらない日々になっていく。
本当に手術したのか?と思うくらいに走り回っている。

手術から1週間後の3月4日s-IMG_0017_0.jpg

なんと朝から雪が・・・ 午後になっても降り続く。
キャンディも外を見ては、寒そうにブルブルと体を震わせていた。
一番深いところで7センチも積もっていた。
千葉県でもこんなに積もるなんて・・・

最近、ストレスが溜まっているのか、必要以上に走り回るようになったので、
噛むおもちゃやヒズメをあげてみる。
これでストレス解消してね
s-IMG_0021_0.jpg

そして手術から10日経ち いよいよ抜糸の日を迎えた。
看護士さんがキャンディを立たせるようにし、お腹を先生に向けて1本ずつ
ハサミで切っては抜いていく。糸はあっという間に簡単に抜けていった。
最後に傷跡をアルコールの様な物で綺麗に拭いてくれて処置は終わり。
ご褒美にとても大きいクッキーを貰い、診察台の上で美味しそうに食べていた。

料金は再診料315円のみだった。

病院から帰ってから何だか安心したのか、午後はぐっすり眠っていた。 
娘が学校から帰って来てから少しだけ追いかけっこをしたが
直ぐにハァハァ〜していた。体力が落ちたのかな?
s-う〜ん気持ち良い日だなぁ.jpg
夕方6時前から20分だけ初散歩をしてあげた。
久しぶりの散歩に疲れちゃったのかな!(私も疲れた〜)
その後直ぐに眠っていた。

夜はオモチャを与えた為か、夕方寝た為か
はたまた、糸も取れて開放感を味わっているのか
いつまでも遊んでばかり、少々興奮気味の夜だった。


かわいい以上が3日間にかけて載せた記録でした。

今は傷口もすっかり無くなり、元々毛が短くて少ないキャンディですが
お腹の部分だけが一番長いんじゃない?
と思うほど毛も生え揃い、手術の痕跡も無いほどです。
その為に避妊手術をしたのかどうかも忘れてしまうほど・・・。

こんな痛い思いをして手術をしても、
もう婦人科系の病気にならないと決まったわけでもないし、
しなかったからといって必ず病気をすると言えるわけでもない。
だが、改めてこの場所を借りて考えてみたが、
キャンディにとっては、取り出した子宮や卵巣を見て感じるように
きっと手術をして良かったんだと思っています。



るんるん『キャンディ、縁あって我が家の一員になったからには
 少しでも病気知らずのまま、幸せに暮せるように・・・
 そしていつまでも長生きしようね』るんるん


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

かわいい最後に3日間に渡り記事を読んでくださった方、
 あまり興味のなかった人、
 な〜んだ我が家の方がすごかった!
 避妊手術は反対!
 等と意見も沢山あると思いますが
 最後までお付き合いしてくださり、ありがとうございましたm(__)m

そして一話から通して、沢山の貴重なご意見、有難うございます。
 私も皆さんのコメントを読み、改めて勉強をさせて頂きました。






ニックネーム チョコ飴 at 23:29| Comment(30) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

キャンディの避妊手術(二話)

ひらめき今回はまだ避妊手術をされていない方や
    今からするという方に参考になれば…と載せた記事です。

では昨日の続きの話をします。

手術の後、病院から連絡をもらい、主人の仕事の帰りを待って病院へ…

本来なら日帰りが出来るはずなのに、キャンディはなぜ泊まるの?
そんな不安な気持ちを隠しきれず、診察室を開ける手が震えながら中へ入りました。

以外にも先生も看護士さんも笑顔で迎えてくれ、ホッとしながらお話を聞きました。

先生の話だと血液検査からは何も問題ないし、他の病気の疑いもない。

だが、取り出した子宮と卵巣を見せてくれたが、
片方の卵巣の色が米粒大ほど黒ずんでいる事を確認した。
犬の卵巣2個はVの字に横に平行に並んでいるが、
キャンディの場合はそれが上下にずれてついていたらしい。
その為、取り出したことが原因で術後に何か起きては・・・!と
先生の配慮で一晩預からせて下さい!
 との事だった。

傷口は子宮が異例なつき方をしていた為に、
普段の避妊手術より何針分か多く開腹したそうだ。

お話の後少しだけと言う約束で、キャンディの様子を見せてくれた。
なんだか「怖いよ〜、痛いよ〜、帰りたいよぉ・・・」と泣いている様な目でこちらを見ていた・・・。

手には点滴をされていて包帯が巻かれ痛々しかった。

それでも名前を呼ぶとシッポをパタパタさせ、こちらの方に来ようとしているのである。
その姿を見ると、『頑張ったねぇ・・・動くと痛いから!そのままでいいよ!』
としか声をかけることが出来なかった。
とても可哀想で可哀想で他に言葉をかけれず、涙があふれ出るのを抑えるので精一杯・・・
そんなキャンディの様子は目を背けたくなるほどの姿だった。

冷静になって考えてみた。
何事もなくその日に連れて帰っていたとしても、
心配で心配で夜は寝れなかったかもしれない・・・。
あんなに痛々しく可愛そうな姿も見なくてすむし、
まだ夜ご飯も食べられないので点滴もしてもらえる。
何かあった時は側に先生が居てくれる。
そんな考えをし、その日はキャンディを預けて帰ったのです。

その夜は、あの痛々しいキャンディの顔が走馬灯のように私の脳裏を
何度も駆け巡り・・・
テレビを見ていても頭に入っていなかった



寝付けなかった夜が終わり翌日。
11時過ぎに病院に迎えに行く。

先客が居たので待合室で20分位待つが、
奥の方でキャンディの元気な泣き声がしていた。

初めに先生と昨夜の様子やこれからの話を聞いた。

今まで預けた事がないので昨夜は吼えなかったか?
夜中の様子はどうだったか?など聞く。

キャンディは痛かったのか、吼える事もなくおとなしくしていたようだ。

卵巣の色が気になったので再度質問をしてみると・・・

子宮も卵巣も完全に摘出したので心配はいらない。
でも、反対に手術をしていなければ後々卵巣脳腫などの病気に成った可能性も有り
変なつき方もしていたので、それが内臓に癒着していたかも・・・。
又は妊娠したとしても何らかの異変はあっただろう・・・

そんな事を考えても今回の避妊手術やって良かったです。
と先生が言っていた。

そんな話の後、キャンディを連れて来てくれた。
エリザベスカラーをつけて現れたが、元気が良くって暴れていた。
手には点滴の時の針がまだ刺されており、包帯を巻かれていた。
針につながったチューブには血が逆流しており、いかに元気に動いたかと言う証拠だそうだ。
朝ごはんもペロリ!と食べて吼えたり歩き回っていたらしい。
傷を診てみると何針にも縫われており、痛々しい感じがした。
しかし傷口も綺麗に縫えてるいので安心して連れて帰っても良いとの事。
s-IMG_0008.jpg          s-エリザベスカラー.jpg

カラーは傷を舐めたり気にしなければ外しても良いらしいが、
そのうち糸を自分で抜いたりする危険性もあるので、
傷を気にするようであれば抜糸の日(10日間)
までつけた状態で過ごして欲しいとの事。

日に日に元気になるので、自宅入院と言う事を忘れずに、
走ったりボール遊びは避けること…

等、注意事項を話してくれた。

料金・・・血液検査 5千円
手術代  3万円
合計   3万5千円+消費税

一泊した料金や追加の点滴及び薬代と抜糸代も手術代に含まれていた。

s-IMG_0005_0.jpg
             以上が手術から翌日までの記録です。

かわいい術後の経過は次回にお話します・・・
ニックネーム チョコ飴 at 23:14| Comment(32) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

キャンディの避妊手術(一話)

ひらめき今回はまだ避妊手術をされていない方や
    今からするという方に参考になれば…と載せた記事です。

キャンディは今年の2月に避妊手術をしています。
今日はその時の記録を元に書いてみます。

我が家は転勤族なので、キャンディに赤ちゃんを生ませてあげることが出来ない。
そこで手術の方向で病院の先生と話を進めていった。
丁寧に手術の説明も受け、それに伴うリスクなども話して貰った。
この病院では、何も無い限り日帰りが出来るのだ。


s-IMG_0149.jpg
何も知らない前日のキャンディです。

日程を決め、その日がやってくる。
前日の夜9時以降は絶食!
喉が渇いても水も飲めない・・・。
勿論朝食も食べられない・・・。

キャンディはいつもの時間になると私にご飯を催促するが無視をした。
何も知らないキャンディは諦めて寝てしまう。
いつもなら掃除もするはずが、この日はそ〜と寝せておいてあげた。
これから手術をするとは知らずに、幸せそうな顔をしている・・・。

手術はどんな名医でも何パーセントかの確率で失敗する事もあると言う。
後遺症だって残る事も有ると聞いている。
それを考えると この寝顔が何だかとても いとおしく感じてしまった。

10時過ぎにドキドキしながら病院に連れて行く。
車に乗ったキャンディはドライブかな?位に思っているのだろう。

病院に着くと書類に目を通して署名。
その署名をする手が震えていて、自分の名前がまともに書けない。

何も知らずにキャンディは先生に預けられた。
午前中に血液検査をし、午後に手術!

キャンディは我が家でシャンプーをするので
ペットショップや美容院、又はペットホテルにも預けた事がないので
初めて預ける事になった。

帰った私は手術の事を考えると、ソワソワして何も出来なので
この日とばかりに掃除をした。

そして3時ごろ・・・
「成功しました!麻酔もほぼ覚めて元気ですよ。
 でも1泊させるますので、夜にでも話を聞きに来て下さい」
とのこと。
えっ!どうして一泊させるの?
こんな簡単な質問が出来ずに、とにかく主人の帰るのを待ち病院へ行くのです。


かわいい長くなりますので続きは次回へ・・・

ニックネーム チョコ飴 at 23:53| Comment(24) | TrackBack(0) | キャンディの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする